出産祝いを贈るときに気をつけたいこと

せっかく心のこもった出産祝いの贈り物も、贈り方を少し間違うことで迷惑に思われ、台無しになってしまう恐れもあります。出産祝いを贈って大いに喜んでもらうためには、具体的にどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

入院中に御見舞いに行かない

出産後のお母さんはかなり体力を消耗しており、安静にしていなければならない状態です。早く駆けつけて労ったり赤ちゃんの顔を見たい気持ちも分かりますが、できるだけ退院するまで待ちましょう。お呼ばれされることもあるかもしれませんが、そのときも短時間で帰宅すれば、相手にとって良い気分転換となるはずです。

出産祝いを贈る時期

以前までは出産祝いといえば、お七夜(生後7日目)からお宮参り(生後1ヶ月)の間に贈るのが風習とされていました。しかし最近では、生後7日頃はほとんどがまだ入院中ということもあり、2、3週間ほど経ってから贈るのが好ましいとされています。

直接伺うときは

出産後のお母さんは、まだ万全でない体調に加え、慣れない育児や家事をこなさなければならず、大忙しです。ときには予防接種や健康診断のため、病院へ行かなければならないなど、外出も多くなります。そのため、直接伺うときは、事前にきちんとスケジュールを確認してからにしましょう。

タイミングを逃してしまったら

忙しかったり連絡が遅かったりなどして、お祝いを贈るタイミングを逃してしまうこともあると思います。この場合は、出産して半年以内であれば出産祝いとして贈って問題ありません。出産して1年以上経過してしまった場合は、出産祝いではなく「誕生祝い」として贈ります。どちらにしても、遅れたお詫びのメッセージは添えるようにしましょう。

出産祝いを贈る際には、これらのことに気をつけて下さいね。
nekofukurouではロンパースや名前入りTシャツなど、出産祝いの贈り物にピッタリのかわいい商品を豊富に取り揃えております。赤ちゃんの洋服だけでなく、おしゃれな子供服や、大人サイズのアイテムも豊富に取り揃えております。ぜひご利用下さい。

雑誌掲載情報

はじめてのお客様へ

お客様の声

メールが届かない

Calendar

2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
営業時間:10:00〜17:00 休業日:土日祝(赤字) ※お休みの日はお電話でのお問合わせ・メール・商品発送手配は行っておりませんのでご了承くださいませ。

About the owner

出産祝い・ハンドメイド子供雑貨 nekofukurou

出産祝いにぴったりな ハンドメイドのベビー雑貨や 毎日がワクワク楽しくなるようなおしゃれで 楽しい子供Tシャツをご提案いたします♪



ランキングに参加しています
クリックで応援お願いいたします!↓↓↓↓↓





Top